家を建設する

工務店のイメージはどんな感じ。

ハウスメーカーと工務店の違いは何でしょうか、と聞かれてもあまりはっきりしません。 工務店にも色々な形態が出てきているので、ちょっと見ておきましょう。 基本的に工務店といえば棟梁がいて、すべての業者を仕切り設計から施工までやっている所なのですが、今は ハウスメーカーの下請けを受け持つ工務店があったり、建築家の設計を受け施工のみをする工務店もあったり色々あります。 しかし、ここでいう工務店とは設計施工から住宅ローンまでお世話してくれる所を指します。 工務店は地元密着型で小さなイメージですが、設計を依頼すると色々なアイデアを出してきてくれます。 基本的に注文住宅です。 しかし、割安感があります。なぜなら独自の流通ルートを持っていたりするので材料を安く手に入れられる場合があるからです。

自由な発想で建てることが可能。

ハウスメーカーの場合建てるときの制約があるのですが、工務店の場合、施主の意向を反映するようにしてくれます。 例えば狭小な土地に建てる場合、その土地の形状に合わせてアイデアを出してくれます。 しかし一級建築士がいない場合、あまりいい設計が出来ない可能性があるので、ここは注意して下さい。 基本は施工が主なので設計を依頼する場合、一級建築士がいるかどうか確認しておきましょう。 そして施工段階になった時は、たまに見学をしに行きましょう。この時、余った部材で棚など作ってもらいたいなどと提案すると、案外喜んで作って貰えたりします。やはり職人気質なのでしょうか。 そして住宅ローンですが、代行してくれるので手間は掛かりません。 住んだ後も地域重視なだけあって挨拶に来てくれたりします。ぜひ、信頼できる工務店を見つけて下さい。

Copyright(c) 2015 注文住宅で家づくり~ステキマイホームを実現~ All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com