住宅の契約

建築会社とトラブルにならないために

注文住宅をハウスメーカーや工務店で契約する場合には工事請負契約を結ぶまでが非常に重要です。同じ注文住宅でも設計事務所で住宅を建築する場合には流れが少し異なるので当てはまらない部分もあります。ここではハウスメーカーでの契約の重要性について述べます。 注文住宅の契約を行う際に図面はきちんと煮詰まって確定していますか。契約書に工期の記載はありますか。打ち合わせ通りの図面が添付されていますか。その図面はパース図やイメージ図などではなくきちんと寸法の記載のある正式な図面ですか。これらの質問にすべてはいと答えられる人はそのまま契約を続けても大丈夫です。一つでも欠けている場合には契約を急ぐべきではありません。建築会社の中には契約を取ってしまえばこっちのものといった態度で契約前と後で態度が急変する会社があるからです。もちろんそういった会社は事前に避けることが一番です。しかしトラブルを避ける意味でも可能性をつぶしていく必要があるのです。

契約を急いでも良いことはない

建築会社の中には建築会社の都合で今月の売り上げにしたい、今期の受注にしたいなど施主にとっては全くメリットのない理由で契約が急がれているケースもしばしばです。特に月末にバタバタと契約を迫られる場合は注意が必要です。 焦って契約をしてもよいことはありません。注文住宅の建築では目の前のことだけでなく全体を見渡して計画を立てることが大切です。月末にあせって打ち合わせのアポを頻繁に取ろうとしてくる営業マンからは家は買うべきではないでしょう。そういう担当者に限って契約をしてしまえばほったらかしになりかねないからです。 仮契約なのでいつでも解約できます、今月契約してもらえればサービス品が付きますという甘い言葉に乗って決断するべきではないのです。仮契約などありませんし、来月もサービス品が継続するケースやほかのサービス品がつくことも珍しくないからです。 契約書は紙切れ一枚かもしれませんがその契約書を交わすことで数千万円という大金が動くことを念頭に置きサインすることが重要です。

Copyright(c) 2015 注文住宅で家づくり~ステキマイホームを実現~ All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com